Buy and sale

種類

ピアノを購入する場合は、ピアノの種類について知っておいた方が良いです。種類を知らずに購入してしまうと、イメージと違うという事態になってしまう可能性もあります。ピアノは大別すると4種類です。アコースティックピアノ、電子ピアノ、消音ピアノ、電子キーボードです。それぞれの種類を把握していると、購入する時に役立ちます。アコースティックピアノは、鍵盤を押すことでハンマーが動いて、弦が叩かれ音が出るような構造になっています。アコースティックピアノにはグランドとアップライトがありますが、グランドの方が、より弾き手の僅かなタッチの違いを反映するので、表現力豊かな演奏が可能です。見た目にも高級感があるので、本格的なピアノをやる人に向いているピアノですが、メンテナンスが必要だったり、音量調整が難しかったりなどの注意点があります。

タッチのニュアンが情報として、センサーに伝わり、インプットされている音源が加工されて音がなる仕組みとなっているのが、電子ピアノです。アコースティックピアノは、音量調整が難しかったり、メンテナンスが必要だったりという中遅延がありましたが、電子ピアノはそれを補っています。ヘッドホンをしながら弾くことができるので、時間を選ばず練習することができます。また、様々な楽器の音に変化させることができるので、楽しみの幅も広がります。アコースティックと電子ピアノの両方の機能があるピアノが、消音ピアノです。消音ピアノには消音機能があります。消音機能をオフにしている時はハンマーが動き弦を叩くことによって音が出る仕組みで、オンにしちえる時には、電子ピアノのような構造で音がなります。利便性が高く、見た目に高級感がありますが、値段が高かったり、メンテナンスが必要だったりします。電子ピアノと似ているタイプのピアノが、電子キーボードです。電子キーボードは、打鍵を感知したセンサーの情報で音がなります。持ち運びがしやすく、安価なので、手頃にピアノを始めたいという人に向いています。ただ、タッチによって音量の変化なども無いので、表現に限界があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加